医療脱毛が痛いのは強いパワーが認められているため

医療脱毛は痛いことで知られていますが、理由なしに痛みが強いわけではなく、それだけ高いパワーを出すことが認められているからです。
エステサロンにもエステ用の脱毛マシンがありますが、医療レーザー並みの強い痛みで施術をすることがありません。
傷みが少ないのであればエステ脱毛のほうが良いと安易に考えることができないのは、エステは痛みが少ないですがそれだけ力が低いためです。
施術時に照射できるパワーが低いのですから痛くないものの、エステ脱毛は弱い力で何度も通ってお手入れしなければなりません。
エステ機器はもともと出せる出力が低いので刺激は少ないですが、比例をして脱毛効果もとてもゆっくりです。
でも医療脱毛の場合は医療レーザー脱毛マシンを使うので、医療用機器として高いパワー設定をすることができます。
レーザーを照射した際皮膚に感じる刺激は強めにはなりますが、それだけ破壊力も強いので脱毛効果が高くなり、求める結果も早く出るのがメリットです。